愚行録/無料動画をDailymotionやPandora以外でフル視聴する方法【映画】あらすじや見どころ・撮影秘話も紹介!

貫井徳郎のミステリー小説『愚行録』が妻夫木聡・満島ひかりの共演で映画化。

こちらでは、映画『愚行録』の無料動画をDailymotionやPandora以外でフル視聴する方法やあらすじ、見どころ、撮影秘話もご紹介していきたいと思います!!



映画「愚行録」のフル動画は
U-NEXT』で見放題配信中です!

初回登録は31日間無料
&600ポイントプレゼント!/

⇩ ⇩ ⇩

動画配信サービスの比較

映画『愚行録』が配信中の動画配信サービスは以下の通り↓

作品数料金(税抜き)ポイント付与無料期間配信中
140,0001990円毎月1200
(初月600)
31日
60,000933円×14日×
120,000500円×31日×
2,900400円×31日 × 
40,000888円毎月130014日
10,000933円~毎月110030日 ×

〇:見放題 △:レンタル ×:未配信

※上記の情報は、2020年8月の情報となります。
最新情報は各サイトにてご確認ください。

おすすめNo.1!U-NEXT

洋画、邦画、国内外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、雑誌などの様々なジャンルが揃っているU-NEXTは、月額1990円(税抜)でさらに毎月1200円分のポイントがもらえて、最新作映画や漫画などの有料コンテンツで利用できるなどサービスが盛りだくさんとなっています!

【U-NEXTの特徴】

◎作品数は約14万本以上!!国内NO.1!
U-NEXTより

◎雑誌70誌以上の読み放題

◎新作映画・マンガ・書籍などの有料コンテンツあり!

◎毎月1200円分のポイントが付与!
有料コンテンツで利用可能!
※ポイントの有効期間は90⽇間
U-NEXTより

◎最大4つのアカウント作成が可能!
U-NEXTより

◎ダウンロード機能あり

◎マルチデバイス対応

◎初回31日間無料お試し体験あり
(600円分のポイントプレゼント)

新作などのレンタル作品(有料)は
初回に貰えるポイントを使うと
すぐ無料で視聴できます!!

DailymotionやPandoraなどの
ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い
安心・安全・高画質

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!
U-NEXT簡単な登録方法の手順
U-NEXT解約・退会方法や違い解約前の注意点は?

初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント/

 

⇩ ⇩ ⇩

 

妻夫木聡さん出演作品紹介!

【U-NEXTで配信中!】

怒り』◎
渇き。』◎
愚行録』◎
決算!忠臣蔵』★
『感染列島』◎
『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』◎
『ジョゼと虎と魚たち』◎
『ワイルドX3 TOKYO DRIFT』◎
『ジャッジ!』◎
『泣き虫しょったんの奇跡』◎
『ザ・マジックアワー』◎
『清須会議』◎
『TOKYO!』◎
『オレンジデイズ』◎
『闇の子供たち』◎
『東京家族』◎
『イノセント・デイズ』◎
『家族はつらいよ』◎
『家族はつらいよ2』◎
『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』◎
『マイ・バック・ページ』◎
『パラダイス・ネクスト』◎
『涙そうそう』◎
『豚がいた教室』◎
『黒衣の刺客』◎
『黄金を抱いて翔べ』◎
『愛と誠』◎
『ノーボーイズ,ノークライ』◎
『ドラゴンヘッド』◎
『やわらかい生活』◎
『大河ドラマ 天地人』★
『ローレライ』◎
『約三十の嘘』◎
『富江re-birth』◎

◎:見放題 ★:レンタル(有料)
※2020年8月の情報となります 

あらすじ ※ネタバレがあります

エリートサラリーマン・田向浩樹(小出恵介)と、美しく完璧な妻・友季恵(松本若菜)と、可愛い娘を襲った一家惨殺事件から一年後、迷宮入りになっていたその事件の真相に迫ろうと、週刊誌記者・田中武志(妻夫木聡)が取材を開始します。

殺害された夫・浩樹が勤めていた会社の同僚の渡辺正人(眞島秀和)、妻・友季恵の大学同期であった宮村淳子(臼田あさ美)、淳子の恋人であった尾形孝之(中村倫也)、浩樹が大学時代付き合っていた稲村恵美(市川由衣)への取材を進めるうちに、夫婦のそれぞれの裏の顔が徐々に浮かび上がっていきます。

その一方で、記者・田中武志の妹でシングルマザーの田中光子(満島ひかり)が、幼い娘を育児放棄して衰弱させた罪で逮捕され、精神鑑定を受けていました。

光子は、精神科医の杉田(平田満)にこれまでの壮絶な過去を語り始めます。
若い母親に望まれずに産まれ育児放棄され、実の父親から性的虐待を受けていた光子は、その生活から抜け出すために名門大学に入学。
そこで知り合ったのが、一家惨殺事件の被害者・友季恵です。

友季恵たちの華やかな世界に憧れる光子は、利用されているとも知らず、友季恵が紹介する男達と次々に肉体関係を持ち、卒業するころには誰にも相手にされなくなります。
そんな酷いことをされても、光子は友季恵を憧れ続けていました。

映画 『愚行録』予告編【HD】2017年2月18日公開

(※ここからはネタバレです)

田向一家を殺害したのは光子でした。

しかし、殺害は計画的なものではありませんでした。
町で偶然に友季恵を見かけ、微笑みかけたのに無視されてしまった光子は、友季恵の後をつけて彼女の幸せそうな生活ぶりを見てしまいます。
そして裏口から入って包丁で全員を殺害します。

記者・田中は一家惨殺事件の犯人が妹・光子であることに気付いていました。
光子が育児放棄で逮捕されたことで、一年前の惨殺事件についても捜査の手が及ぶことを危惧した田中は、光子を疑う人物がいないかどうか確認するために、事件の取材だと言って関係者に近付いたのでした。
そして、光子の存在を思い出した宮村淳子をあっさり殴り殺してしまいます。
田中の妹への愛情は単なる兄妹愛ではありませんでした。
衰弱死した光子の娘は、兄との間にできた子供だったのです。

見どころはストーリー展開

一番の見どころは何といっても、前半の雰囲気からは想像できないような後半のストーリー展開ではないでしょうか。
観終わったあと直ぐに、もう一度観返したくなるはずです。
そして、映像がとても美しいです。
光子(満島ひかり)が男友達におもちゃにされるシーンは、とても幻想的で是非観ていただきたいです。
また、冒頭とラストが同じようなバスのシーンなのですが、田中(妻夫木聡)の雰囲気は全く違っており、田中という人間の二面性が分かるシーンですので、注意して観てみてください。
それと、芸能活動休止中で最近はあまり見ることがない小出恵介さんが出ているのも見どころです。

撮影秘話

舞台挨拶での妻夫木さんの話によると、満島さんとはいろいろ相談を受ける仲だけど、今回は特殊な兄妹を演じなければならないので、現場ではなるべく心を通わせないよう距離を置こうとしていたのに、満島さんは普通に話しかけてきて困ったそうです。
また、ラストシーンの自らの表情に苦心したそうで、観客に分かりやすいよう泣いたり笑ったりせずに、その中間のすごく曖昧な表情にして観客に想像してもらいたかったのだけれど、それが正解だったかは今でもわからなくて、監督にも公開直前までメールで訊ねていたそうです。
私は妻夫木さんの考えが正しかったと思います。

一方、満島ひかりさんは、満島ひかりという人間を消しながら演じるのは難しいなと思いながらも、地に足がつかないような、具体的な人物像が分からないような感じでというのにこだわって演じたそうです。
精神科医役の平田満さんが近くに来て「ひかりちゃん、胸が痛むでしょ?僕もこういう役を演じた時は本当に胸が痛んだよ。本当に胸が痛むってあるんだね。」と言われて落ち着いたそうです。

 

感想・評価(ネタバレ含む)

 

 

人は見方によって変わるというのがよくわかる映画でした。楽しそうな家族でも闇があったり、子どもを虐待してあっけらかんとしている女性が、子どもの頃虐待を受けていたり、人は見た目じゃわからないなと思いました。
妻夫木さんは、一家惨殺事件を取材している記者役で、主役と言ってもそんなに派手な役でもなく、きつい話を聞いてうつむきがちだったり、記者としての野心があったりで、いい役ではないのですが、それでも人間味あふれててよかったです。
やっぱり妻夫木さんは演技がうまいなと思います。
虐待をしていた母役の満島ひかりさんは、すごくよかったです。
傷つきすぎて、心がないというか、なんか何も考えてないように見えるけど、実は、、、ということがよくわかって、すごく切なかったです。
やはり、満島さんも演技がすごい!
彼女が出ていると間違いなしだなと思いました。
すごく人間について考えさせられた話だったのですが、出てくる人はクズばっかりで、好きになれる人はいませんでした。
見ているとちょっと嫌な気持ちになりましたが、私も嫌なことをしたこともあるし、されたこともあります。
そういう嫌なことを思い出してしまう、そんなお話だったと思います。

 

 

とても上手い脚本だと思いました。
ラストの二重三重のどんでん返しにもびっくりしましたが、記者・田中が第三者として取材をしながら殺人事件の真相を追っていく謎解きものかと思わせておいて、実は田中は関係者で、すべて妹の犯行を隠すための行動だったという流れが大変斬新でした。
そして、キャスティングが良かったです。
主演の妻夫木聡さんと満島ひかりさんが役にピッタリはまっていたと思います。
この役を他の俳優さんが演じることを想像しましたが、思い当たりませんでした。
また、最後が暗くドロドロした真相の割に、あまり後味悪く感じなかったのは、全体的にちょっと暗めで幻想的な映像だったからかもしれません。
この不思議な映像が、最初のうちから兄妹の異常な闇を示唆し、見る側をマインドコントロールしていたような気がします。

 

 

全体的に重く苦しい映画ですが、いろんなことを考えさせられる深い映画だと思います。登場人物たちの数々の愚行に嫌気が差しますが、物語の中心である妻夫木聡さん演じる田中武志と満島ひかりさん演じる妹の田中満子の言動が気になり最後まで目が離せません。観終わった後はなんとも言えない暗い気持ちになりますが、この映画を観て暗い気持ちになるという事はこの中に出てくる愚行に全く共感できないという訳ではないからなのだと思います。この映画の中のようにここまでの事件に発展することはなくても、ここまで屈折していなくても、ここまでひどい人間ではなくても、こんな風になってしまうことが理解できるというところにこの映画の本当の恐怖が隠されている気がします。過激ではありますが、反面教師のような映画なのかもしれません。田中満子を演じた満島ひかりさんの美しさと演技力がこの映画の恐怖をさらに盛り上げています。衝撃的な映像で見せる怖さではなく、ストーリーが進むにつれてじわじわと蝕んでいく怖さがあります。妻夫木聡さんのどこか切ない瞳が印象的で、一度観たら忘れられなくなる映画です。観終わったあと疲れてしまうので覚悟して観て欲しい映画です。

 

 

人間の嫌な部分をこれでもかと思うほどに見せられる作品でした。登場人物は全員心が病んでいて救われなかったです。気分が落ち込むような映画ではありましたが、ハラハラしながら最後まで見る事が出来るし面白かったです。無駄なシーンが無く、上手くまとめられているので見やすいです。ジャーナリストが関係者に話を聞いて、真相が明らかになって、予想外の結末に向かう…という作風はユージュアルサスペクツのような展開を期待しますね。次から次へと驚く事があるので見ごたえ抜群でした。テーマや設定こそ違いますが、やっぱりどんでん返し系の映画は面白いものです。ただ暗い雰囲気と憂鬱になってしまう内容ですが。スクールカーストや家柄、階級、学歴の格差って大人になってからも続くんですよね。善人で幸せそうに見えても中身は分からない、それは誰もが共通認識として持っているのだと思います。だからこそ、引き込まれて憂鬱な気持ちになって、考えさせられるのでしょう。サスペンスやミステリー要素はもちろんありますが、人間ドラマとしての部分も多いので面白かったです。育ってきた環境や世代によってとらえ方が違うと思うので、また何年か経ったら見たいと思います。

 

 

妻夫木君というと爽やかイケメンでとってもいい子というイメージが強いです。作品の中でも凄惨な事件の真相を追う熱血記者かと思いきや、まずはバスのシーンや妹の犯した罪にあれっと思わされてでもまた違った場面では普段のイメージ通りの彼でとコロコロと変わっていく様子に、どういう人間を演じているのだろうと惹きつけられるのです。お金持ちできちんとした家族と思いきやそうでは無かった事件もそう、人は誰でも表と裏2つの姿があるのかもしれません。本来は暴くべきではない部分が赤裸々になるストーリーだからか、見るのが苦しかったです。不愉快な気持ちが最終的にはすかっと晴れ渡って終わるのかと思ったら、物語は二転三転しながらも最悪の状況に向かって進んでいきます。そっちに近づいていったら危険だと分かりながら行ってしまう、怖いと分かりながらも見てしまうという心理に似ている気はします。正にタイトル通り、愚行を記した記録です。だから見ない方が良いのですが、そう言われるときっと誰もが怖いもの見たさで手を出してしまうのではないでしょうか。淡々と進むから怖い、妻夫木君以外にも満島ひかりさんとか小出恵介くんとか、豪華キャストで皆さん演技が素晴らしいです。

 

 

とある残酷な殺人事件をきっかけに、登場人物がそれぞれその事件に関わっていることが判明していくのですが、とにかく本当にしんどい気持ちになる映画です。
それぞれが抱えている闇が深く、タイトル通りの愚行の数々が目を覆いたくなるほどの有様で見てると心が痛くなりました。

事件を掘り返してみると、そこが繋がってるのか!と思うような驚きや、隠されている事実が次々と明らかになっていき衝撃がずっと続く映画です。
映画のキャッチコピーは三度の衝撃ですが、この三回の衝撃は本当に目を覆いたくなるような気持ちにさせられました。
家族の歪んだ愛情がどんどんと愚行へと導いていく様は見ていてとても辛かったです。とくに満島ひかり演じる妹の人生のやるせなさはどうしようもなく、正直、わたしは妹が起こしてしまった事件は致し方ないと思ってしまいました。被害者側も肩を持てないような愚行を繰り返していたからです。
誰も報われないストーリーは見た後で後味がざらざら残る映画で、とても見応えがありました。
映画の一番最後の一瞬明かされる衝撃は映画の中で一番衝撃を受けました。
誰もが過ちを起こしたことがあるし、その過ちを抱えて、どのように生きていくかが問われている映画だなと思いました。

 

 

背筋がゾッとする映画です。映像的にも音楽も暗い映画なので夜寝る前にひとりで見るのはおすすめしたくない映画です。この映画は前半、二つの物語が並行して進みます。妻夫木聡さん演じる主人公の田中は週刊誌の記者で、一年前に起きて迷宮入りしている一家惨殺事件について、被害者の大学時代の友人などを中心に取材を始めます。一方で満島ひかりさん演じる田中の妹が育児放棄で逮捕されてしまいます。一見、関係のない二つのこの物語が合わさったとき、なぜ田中が取材を始めたのかがわかります。それからの展開は重たく、妻夫木聡さんと満島ひかりさんの演技がさらに拍車をかける感じで怖かったです。犯行の一部始終を告白する満島ひかりさんの演技は秀逸としか言いようがありません。見ているだけで恐怖です。田中兄妹が経験したつらい過去、それによってねじれてしまった二人の運命。重苦しいストーリーで心が痛みます。ラストのシーンも冒頭のシーンとシンクロして深い意味を感じさせてくれる内容でした。この映画は貫井徳郎さんの原作ですが、このストーリー展開は他の作品も読んでみたいと思わせる内容です。別の貫井作品を、また妻夫木聡さんと満島ひかりさんコンビで見てみていと思いました。

 

映画「愚行録」の無料動画をフル視聴する方法のまとめ

2020年8月現在、映画「愚行録」をお試し期間で無料視聴できる動画配信サービスは『U-NEXT』です!

U-NEXTでは映画「愚行録」以外にもたくさんの作品が配信されており、無料お試し期間内でも十分にお楽しみいただけます!

U-NEXTより

是非この機会にご登録ください♪

初回登録は31日間無料 &600ポイントプレゼント!/

⇩ ⇩ ⇩

 

タイトルとURLをコピーしました