告白(映画)無料動画配信・レンタルをフル視聴する方法やあらすじ・キャスト

2010年公開映画『告白』は、湊かなえによるベストセラー小説を原作に映画化!

監督は中島哲也、主演は松たか子。

こちらでは映画『告白』の動画配信を無料で視聴する方法やあらすじ、キャスト、感想などをまとめていきたいと思います!

映画「告白」劇場予告


映画「告白」のフル動画は
U-NEXT』で配信中です!

初回登録は31日間無料
&600ポイントプレゼント!/

動画配信サービスの比較

映画『告白』が配信中の動画配信サービスは以下の通り↓

作品数料金(税抜き)ポイント付与無料期間配信中
140,0001990円毎月1200
(初月600)
31日
60,000933円×14日
120,000500円×31日×
2,900400円×31日
×  
40,000888円毎月130014日
10,000933円~毎月110030日

〇:見放題 △:レンタル ×:未配信

※上記の情報は、2020年8月の情報となります。
最新情報は各サイトにてご確認ください。

おすすめNo.1!U-NEXT

洋画、邦画、国内外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、雑誌などの様々なジャンルが揃っているU-NEXTは、月額1990円(税抜)でさらに毎月1200円分のポイントがもらえて、最新作映画や漫画などの有料コンテンツで利用できるなどサービスが盛りだくさんとなっています!

【U-NEXTの特徴】

◎作品数は約14万本以上!!国内NO.1!
U-NEXTより

◎雑誌70誌以上の読み放題

◎新作映画・マンガ・書籍などの有料コンテンツあり!

◎毎月1200円分のポイントが付与!
有料コンテンツで利用可能!
※ポイントの有効期間は90⽇間
U-NEXTより

◎最大4つのアカウント作成が可能!
U-NEXTより

◎ダウンロード機能あり

◎初回31日間無料お試し体験あり
(600円分のポイントプレゼント)

新作などのレンタル作品(有料)は
初回に貰えるポイントを使うと
すぐ無料で視聴できます!!

DailymotionやPandoraなどの
ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い
安心・安全・高画質

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!
U-NEXT簡単な登録方法の手順
U-NEXT解約・退会方法や違い解約前の注意点は?

ご登録はこちら♪

⇩ ⇩ ⇩ ⇩

初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント/
 


あらすじ

とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく……。

Yahoo!映画

キャスト

森口悠子:松たか子


下村優子:木村佳乃


寺田良輝:岡田将生


渡辺修哉:西井幸人


下村直樹:藤原薫


北原美月:橋本愛


感想

 

「怖い」と思いました。
なぜ怖いかと言いますとストーリーは復讐から始まる展開ですが、
その根幹にはさまざまな愛の形があるからです。
ある日突然、愛する我が子を奪われた教師。
「愛」を求めながらも成長過程で歪んでいった人格。
母親の愛に縛られて自己形成できなかった子ども。
教師像を描きながら、自己満足の生徒愛。
「愛」とはひとつ間違えれば怖いものなのかもしれません。
冒頭シーンはどこにでもある教室の風景です。
担任は淡々と話し続けます。
生徒たちはいつものようにおしゃべりをしたり、
教室を抜け出したり、携帯を触ったりと自由気ままです。
担任が黒板に書いた「命」という大きな文字。
そこに映る子どもたちの姿からは「命」を重く受け止めているようには思えません。
そこで担任が語ること、それが復讐の始まりになるのですが、
実は担任自身も「命」の重さ、軽さを語れない人間となってしまったのではないでしょうか。
あの事件さえなければ、きっと「命」の尊さを生徒たちに伝えるふつの教師であったはずです。
教師である前に母であった担任の復讐劇は、この映画を観る私たちに問いかけます。
「命は重い?軽い?」と。
この冒頭シーンが強烈に印象に残っています。

 

 

私はこの小説をきっかけに湊かなえさんの小説が大好きになりました。人間の怖さがリアルに描かれていてとにかく恐ろしいです。そして映画はどんなのかなぁと半信半疑で見たのですが、より感情移入して見ることが出来ました。それはなんといっても女教師役の松たか子さんがとても素晴らしい演技をしていたからだと思います。冒頭から淡々と表情を変えずに話していく姿は感情がないようで凄い迫力でした。間近で見たら泣き出してしまいそうです。ストーリーは生徒を相手に殺された娘の為の女教師の仕返しのような内容ですが、どう捉えるかは個人差があるのではないかと思いました。とても考えさせられる内容です。映画の世界だけにやりすぎ感は多少ありますが、娘への底しれぬ愛情が怒りへと変わったのだと思いました。私は加害者が守られる今の日本社会はやはり見直す必要があると思いました。松たか子さん以外の出演者も適任といった感じでした。中でも木村佳乃さんの母親役は素晴らしかったです。松たか子さんの最後のなーんてねと言うセリフは犯人を追い込む決め台詞で本当に恐ろしかったです。続編がありそうな予感のするセリフだったので期待してしまいます。ジワジワ忍び寄る恐ろしさのする映画でした。

 

 

この映画は湊かなえさん原作の小説が有名な作品ですが、原作以上に映画版の方が緊迫した雰囲気が伝わり、とても面白かったです。私は事前に原作を読んでいたので、あの冒頭の教室での緊迫したシーンを、実写でどのように描かれるのかとても興味がありましたが、予想以上に演出も素晴らしく、松たか子さんの演技も見事でした。この作品は最初のシーンから衝撃の展開が待っているので、最初の教室のシーンがとても重要です。どこか大人をなめているような生徒たちのどんよりした雰囲気に対して、教師役の松たか子さんが淡々と話をしていくあのシーン、女教師の語り口調が絶妙で、聞いている生徒たちと同じように映画を見ている側も徐々に引き込まれていきます。そして語られる衝撃の事実と、最後まで冷静に恐ろしいことを告白する女教師と生徒たちの反応。ここがこの作品の最初の見どころです。中盤以降も俳優陣の演技が素晴らしく、空気の読めない熱血先生、子供に異常な愛情を示す母親、各俳優陣の演技は見事で、最後まで緊迫感を持って見ることができました。特に木村佳乃さんの演技は素晴らしいと思いました。衝撃のラストシーンまで目が離せない展開で、ミステリー映画好きの人は必見の名作です。

 

 

松たか子さんの冷静な演技がすごくよかったです。あの森口の冷静なトーンで淡々と復讐について語られたりしたら中学生はゾッとすると思います。私が聞いたら、そんなの全然平気じゃんっていうことでも中学生には一大事のように聞こえるんですよね。そのあと、すぐに彼女は学校をやめるというところもすごいです。復讐話だとは聞いていましたが、直接手を出すわけでもなく、そばで見るわけでもなく、ただ流れに任せているところが新しいです。でも、彼女には確信があったと思います。こういえば、あいつらは勝手に転がり落ちていくということへの確信が…。お話は、結構精神的なところが多いし、映像よりも小説向きの話かなと思いましたが、映画もうまくまとまっていたと思います。少年A,Bの心の動きもよくわかる演出でした。Bがどんどんどこも触れなくなるとか、自分が病気と思いこんでいる人の行動として納得できるものだったし、Aのすまし顔もすまし顔でいながら幼くて、中学生らしくてよかったです。あとよかったのは、岡田将生演じる熱血教師です。クラスを良くするために熱く語ったり、不登校になった生徒の家に行ったり、がんばるんだけど空回りしてるっていう教師をうまく演じられていました。なぜ生徒たちに熱くなるのかがわかった時、これはおもしろいってなりました。

 

 

「嫌われ松子の一生」や「下妻物語」などの中島監督の作品と言うことですが、それらの作品と異なり非常に青みがかった、彩度をおさえてコントラストを強くした画面が印象的でした。
冒頭で登場する、「私の娘はこのクラスの生徒に殺されたんです」という一言が大きなインパクトのシーンは予告編でもお馴染みですが、「命の授業」として行われる冒頭の、独特の居心地の悪さに落ち着かない気持ちにさせる演出が、この作品はこれからどんな展開をして行くのだろうかという不安感を煽ってくれていました。
少年犯罪への少年法についての様々な意見が飛び交う昨今ですが、この作品に出てくる加害者の少年A、少年Bをはじめ、その親、クラスメイト達、新たに赴任してくる担任など、それぞれが単品でみれば若干癖のあるキャラクターで済むのかもしれないのですが、事件の関係者としてみたときに、それぞれがどういった問題点を抱えているのかが浮き彫りになるという妙技を見せつけられた気がします。
また、少年法によって守られている罪を犯した人間に、罪の重さを、命の重さををどうやって理解させるのかという一点において、非常に注力していると感じました。
内容の重さに対して画面がMVのようなお洒落感は賛否ありそうですが、せめてテンポよく見せる手法として活きていたと感じます。

 

湊かなえさんの同名小説を原作とした、2010年公開の映画です。
いじめや少年犯罪、DV(家庭内暴力)など、社会問題を扱った作品で、過激な描写も多かったことからRー15指定になっていますが、多くの人に見てもらいたい作品です。
松たか子さん演じる、中学教師の森口悠子が生徒たちに語り掛ける姿が印象的です。話す内容にそぐわないほど、淡々と、冷静に話していく姿に、出演の生徒たちのみならず、観ているこちらも追い詰められていくような印象を受けました。
静かに話すからこそ、心に響く言葉もあるのかと、実感しました。
内容が重すぎて、また、森口悠子が不気味すぎて、気分が滅入るという意見もあるかもしれませんが、複雑な感情を抱く中学生が集まる学校でなら、本当に起こりうるかもしれないと思う作品で、見入ってしまいました。
人間の感情の変化を丁寧に描いており、さまざまな思いが交錯していくのですが、出演者ひとりひとりに、同情・共感する心情が見え隠れするのが、物語への切なさや愛着を助長します。
復讐を果たすため、手段を選ばず、また、生徒の心はもちろん、同僚や生徒の家族の心を、意のままに動かしていった松たか子さんの最後のセリフまで、必見です。

映画「告白」の無料動画をフル視聴する方法のまとめ

2020年8月現在、映画「告白」をお試し期間で無料視聴できる動画配信サービスは『U-NEXT』『Hulu』『FOD』です!

特におすすめなのは【作品数の多さ】【初回登録で600ポイント付与】がある『U-NEXT』です!

U-NEXTでは映画「告白」以外にもたくさんの作品が配信されており、無料お試し期間内でも十分にお楽しみいただけます!

是非この機会にご登録ください♪

初回登録は31日間無料 &600ポイントプレゼント!/

こちらも合せてどうぞ!中島哲也監督作品!/

⇩ ⇩ ⇩

タイトルとURLをコピーしました