『渇き。』あらすじ・みどころ・感想・動画配信を無料でフル視聴する方法【映画】

映画

2014年公開映画『渇き。』は深町秋生(ふかまちあきお)の『果てしなき渇き』が原作。
主演は役所広司、小松菜奈。
キャッチコピーは、「愛する娘は、バケモノでした」

監督は『嫌われ松子の一生』『告白』など手掛けた中島哲也監督です。

小松菜奈はこの作品で日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しています。

映画「渇き。」のフル動画は
『U-NEXT』で配信中です!

初回登録は31日間無料 &600ポイントプレゼント!


映画『渇き。』が配信中の動画配信サービスは以下の通り↓


作品数料金(税抜)ポイント付与無料期間配信中
U-NEXT140,0001,990円毎月1200
初月600
31日
Hulu60,000933円×14日
dTV120,000500円×31日
dアニメストア3,100400円×31日 ×
FODプレミアム40,000888円毎月1300
14日
TSUTAYA TV/DISCAS
10,0002,417円毎月110030日
Rakuten TV40,0002,149円×31日 ×

〇:見放題 △:レンタル ×:未配信

※上記の情報は、2020年11月の情報となります。最新情報は各サイトにてご確認ください。

【U-NEXTで配信中の中島哲也監督作品】

  • 下妻物語(2004)
  • 嫌われ松子の一生(2006)

渇き。(2014)

おすすめNo.1!U-NEXT

洋画、邦画、国内外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、雑誌などの様々なジャンルが揃っているU-NEXTは、月額1990円(税抜)でさらに毎月1200円分のポイントがもらえて、最新作映画や漫画などの有料コンテンツで利用できるなどサービスが盛りだくさんとなっています!

【U-NEXTの特徴】

◎作品数は約14万本以上!!国内NO.1!

◎雑誌70誌以上の読み放題

◎新作映画・マンガ・書籍などの有料コンテンツあり!

◎毎月1200円分のポイントが付与!
有料コンテンツで利用可能!
※ポイントの有効期間は90⽇間

◎1つのアカウント作成で最⼤4機まで同時視聴が可能!

◎ダウンロード機能あり

◎初回31日間無料お試し体験あり
(600円分のポイントプレゼント)

 

新作などのレンタル作品(有料)は
初回に貰えるポイントを使うと
すぐ無料で視聴できます!!

ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い
安心・安全・高画質

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!
U-NEXT簡単な登録方法の手順
U-NEXT解約・退会方法や違い解約前の注意点は?

初回登録31日間無料&
600円分のポイントプレゼント!!
 

あらすじ

元刑事の藤島昭和(役所広司)は、妻と娘の加奈子から見放され、荒んだ生活を送っていた。そんなある日、突然失踪した加奈子(小松菜奈)の捜索を妻から依頼された彼は、独自に調査を開始する。 手段を選ばず、強引に加奈子を捜索するが、誰からも慕われていたはずの優等生・加奈子の狂気を知ることになる。 一体自分の娘はどんな罪を犯していたのか? そしてどこに行ったのか? 捜査を続ける中、失踪事件の裏側にあった巨大な闇と藤島の過去も明かされていく。

映画『渇き。』激ヤバ映像

 

登場人物

藤島昭和(役所広司)

本作の主人公。かつては係長を経験したこともある優秀な刑事だったが、現在は警備員をしている。

加奈子(小松菜奈)

高校3年生。昭和と桐子の行方不明となった娘。成績優秀の優等生だが、実は裏社会と手を結び、少年少女を金と薬で誘惑して売春をさせていた。

おすすめ!小松菜奈出演映画『ディストラクション・ベイビーズ』

桐子(黒沢あすか)

昭和の離婚した元妻。浮気をしたことをきっかけに昭和と離婚する。

「ボク」(清水尋也)

加奈子の同級生。いじめられていたところを救われたのをきっかけに、加奈子に心酔する。

浅井(妻夫木聡)

大宮署の刑事。公安部出身で藤島の刑事時代の後輩。

愛川(オダギリジョー)

藤島の元同僚。

松永泰博(高杉真宙)

ヤンキー。殺人事件に巻き込まれ位置を落とす。

遠藤(二階堂ふみ)

加奈子の中学の同級生。加奈子に憧れている。

おすすめ!二階堂ふみ主演『翔んで埼玉』

森下(橋本愛) 

加奈子の高校の同級生。加奈子の本性を知っている。

長野(森川葵)

加奈子の高校の同級生。加奈子に憧れている。

咲山(青木崇高)

石丸組若頭。

おすすめ!青木嵩高出演『るろうに剣心』

辻村(國村隼)

加奈子を診療していた精神科医。加奈子の底知れぬ闇を知る。

緒方誠一(星野仁)

加奈子の中学生時代の同級生。加奈子の元恋人。三年前自殺をする。

趙義哲(ちょう よしのり)(康芳夫)

パチンコ屋などを経営している外国人の実業家。加奈子の協力者だった。

東理恵(中谷美紀)

加奈子の中学生時代の担任教師。娘がいる。

 

見どころ 

加奈子

作品の中で、加奈子は周囲の人々から「バケモノ」「悪魔」と呼ばれます。
さらには、「愛する娘は、バケモノでした」というキャッチコピーが使用されていて、作品の内外を問わず、散々な言われようです。
確かに、彼女は、同級生をシャブ漬けにさせたり、売春させたり、「もっと好きになりたかったから」と人を殺したりするメチャクチャな女の子です。

ですが、加奈子はあらゆる表情が挑発的で、まさに、加奈子が自分の周りを手のひらに乗せるように作品を支配するような存在感に満ちています。
色気と処女性を掛け合わせた魅力が蠱惑的で、影があるけど無邪気。
本心をレースのカーテンで隠しているかのような表情に、惹かれてしまうのは必然なような気がしました。

賛否両論

バイオレンスなシーンや暴力的な言葉、場面カットの切り替わりが多い、画面がチカチカする、登場人物みんなヤバイ奴等など、苦手な人には不評な感じがします。

感想

犯罪を犯す人は、「脱社会的」であることが多いです。
普通は、他人からの承認によって尊厳を獲得することでメンタルを保つけど、他人からの承認を得ることがないと、自己肯定感を喪失し、メンタルが弱くなっていく。それを通り過ぎると、承認を得なくても平気な、人間的ではない存在になってしまう。それが、「脱社会的存在」。

脱社会的存在の特徴としては、善悪の基準が自分の中にしか無い、罪を罪と感じない、他人に共感できない、優しくされた経験がないから人に優しくできない、といったのがあります。
それを踏まえると、加奈子は、脱社会的存在と言えます。大事にされないと、寂しいを通り越して、おかしくなる。

相手にいきなりキスをする、暴力を振るう父に「愛してるよ」と囁く、自分を憎む人間を前にひょうひょうとしている、刺されてもその理由がわからず首をかしげる、これらはまさに文脈を一切無視した言動です。
これは逆に言うと、両親から大切にされなくて、他人とのコミュニケーションを信頼できなくなった故の言動です。

加奈子がすべてが他人事で、誰にも共感できずに、現実を夢のように生きるようになったのは、目の前の悲惨な現実を前に、加奈子が加奈子であり続けることはできなかったからなのだと思います。
彼女の愛読書が現実離れした世界観の中で物語が展開される『不思議の国のアリス』であることから、彼女が現実を夢のように生きるようになったのには、ある種の必然性があったと思います。

加奈子は確かにめちゃくちゃだけど、母親からネグレクトを受け、父親からDVを受けていた加奈子に、信頼できる人間がいなかったことは想像に難くありませんから、同情できる部分もありました。

まとめ

この映画は暴力的で残虐なシーンや、強姦などの刺激的なシーンが全面に押し出されているため、その裏で描かれている社会的問題に気がつきにくいです。

加奈子や、加奈子に誘われて薬物や売春に手を出す少年少女が脱社会化した背景に、社会がどのような経緯で変化して、どのような問題が生じているか、想像してみると、この映画の理解をより深めると思います。

初回登録は31日間無料&600ポイントプレゼント!/

タイトルとURLをコピーしました