ディストラクションベイビーズ動画配信を無料でフル視聴する方法・ネタバレ感想・見どころ【映画】

映画

映画『ディストラクション・ベイビーズ』は2016年に公開された青春群像劇映画になります。
監督は真利子哲也、主演を柳楽優弥。
物語の舞台は愛媛県松山市。

「ディストラクション・ベイビーズ」予告編

映画「ディストラクション・ベイビーズ」
のフル動画は『U-NEXT』で配信中!

初回登録は31日間無料&600ポイントプレゼント!

動画配信サービスの比較

映画『 ディストラクション・ベイビーズ』が配信中の動画配信サービスは以下の通り↓

作品数料金(税抜き)ポイント付与無料期間配信中
140,0001990円毎月1200
(初月600)
31日
60,000933円×14日
120,000500円×31日
2,900400円×31日×  
40,000888円毎月130014日
10,000933円~毎月110030日

〇:見放題 △:レンタル ×:未配信

※上記の情報は、2020年8⽉の情報となります。
最新情報は各サイトにてご確認ください。

『 ディストラクション・ベイビーズ 』 を無料で視聴する方法は?

『 ディストラクション・ベイビーズ 』は、動画配信サービス【U-NEXT】【Hulu】【dTV】【FODプレミアム】で配信中です!

初めて登録する方には《無料体験の期間》があります!

無料の期間内に解約してもらうとお金を払わずに楽しむことができますよ!

【U-NEXT】 【Hulu】【dTV】【FODプレミアム】 て聞いたことはあるけどどういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

おすすめNo.1!U-NEXT

動画配信サービス【U-NEXT】は、月額1990円(税抜)で洋画、邦画、国内外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、雑誌などの様々なジャンルが揃っています!

さらに毎月1200円分のポイントがもらえるので、最新作の映画や漫画などの有料コンテンツで利用できるサービスが盛りだくさんとなっています!

初めて登録する方には《31日間の無料期間&600ポイントプレゼント》があります!

無料の期間内に解約してもらうとお金を払わずに楽しむこともできますよ!

◆ U-NEXTの特徴 ◆

①作品数は約14万本以上!!国内NO.1!

U-NEXTより

②雑誌70誌以上の読み放題

③新作映画・漫画・書籍などの有料コンテンツあり

④毎月1200円分のポイントが付与!
有料コンテンツで利用可能!
※ポイントの有効期間は90⽇間
U-NEXTより

⑤最大4つのアカウント作成が可能!

U-NEXTより

⑥ダウンロード機能あり

⑦マルチデバイス対応

⑧高画質&広告なしのストレスフリー

⑨初回31日間無料お試し体験あり
(600円分のポイントプレゼント)

ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い
安心・安全

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!
U-NEXT簡単な登録方法の手順
U-NEXT解約・退会方法や違い解約前の注意点は?

登録はこちら♪

⇩ ⇩ ⇩ ⇩
初回登録31日間無料&
\600円分のポイントプレゼント/


あらすじ

愛媛・松山の片田舎の船着場。誰かを殴りたい欲望と、誰かに殴られたい欲望に支配されていた泰良は毎日のように喧嘩に明け暮れていた。彼に出会った裕也は「面白そうだから」という理由で行動を共にする。道行く人に襲いかかる泰良と、それを面白がりながら撮影する裕也の行動は次第にエスカレートしていく。

登場人物

芦原泰良 (柳楽優弥)

暴力に強い執着心をしめし、誰某構わず暴力をふるう凶暴な男。

北原裕也 (菅田将暉)

いきがってはいるがヘタレな高校生。SNS依存症。泰良とつるむことで退屈な自分が変えられるのではないかと思い、行動を共にするが、スマホで泰良の喧嘩を撮影し、自分より圧倒的に弱い女性にしか暴力をふるわないクズ。

那奈(小松菜奈)

キャバ嬢。窃盗症、万引癖。金を持っているにもかかわらず、大したものではない商品を盗んでしまう。泰良と祐也に誘拐され、逃避行を共にすることになる。

芦原将太 (村上虹郎)

泰良の弟。泰良を慕い、なんとかまっとうな生活してほしいと願い、逃避行する兄を探す。

健児(北村匠海)

将太の友人。兄探しを手伝う。

三浦慎吾 (池松壮亮)

暴力団組員。

河野淳平 (三浦誠己)

暴力団組員。

近藤和雄 (でんでん)

泰良と将太の家の近所に住む中年男性。母親は2人を捨てて逃げ、父も彼らが幼い頃に死んだので、ほかに身寄りがないことから、代わりに2人の面倒をみていた。

見どころ

・柳楽優弥の演技力・

海岸沿いに歩き出した将太が船着場の海に目をやると、対岸に探していた泰良の姿を発見するシーンがあります。「どっか行くん?」と大声で叫んだ直後、兄はいきなり走り出して来た集団にボコボコに蹴られ、殴られる。鉄パイプで背中を殴られ、羽交い締めにして倒され、顔を何度も殴られる。あまりにも凄惨なリンチ現場で、みるみるうちに腫れ上がっていく。事態の収拾を図ろうとする近藤の叫び声により、間一髪、致命傷は免れたものの、泰良は薄れゆく意識の中で、逃げ遅れた相手の片足に執拗にしがみつくのです。

その異常なまでの暴力への執着と、泰良のオーラというか凄みがこれでもかと感じられて、思わず息を飲むことと思います。

泰良の暴力は容赦ありません。たった1人の家族である弟の元を去り、繁華街をただあてもなく喧嘩を求めて彷徨い歩き、その姿を正面から撮るのではなく、あえて後ろから背中を撮られています。たとえばギターを背にした大柄な男などと出会っても、泰良の目は確かに彼を視界に入れているはずだけど、背中からのショットのみなのでその視線の行方は一切明示されません。ゆっくりと路地に吸い込まれる様子を観客に追体験させた後、突然惨劇をはじめます。これ以外の暴力場面も発端はほとんどすべて泰良の彷徨い歩く背中からはじまります。

それに、泰良はほとんど台詞を口にしませんし、内面的な部分を言葉で掘り下げるシーンは無いのですが、そんな事は全く気にならない程に、たまに映る顔の凄味と佇まいで観客に語りかけてきます。強い奴と殴り合いたいという純粋な欲求と、「楽しければええやん」という泰良の内面がひしひしと伝わってきます。全く理解はできないけれど、暴力に執拗なまでに囚われてしまっていることはわかる。柳楽優弥の演技力や表現力は同世代の俳優と比べて群を抜いてると思います。

感想

演出やカメラワークがうまいなと思いました。

松山の夜の繁華街、雨がざあざあと降る路地裏、昼間の何でもない普通の公園を映したシーンと並列に、泰良たちが起こした暴力沙汰事件の片鱗を映したニュース映像、監視カメラ、2chの書き込み、SNS映像などの幾つかのメタ視点が、現実でこの作品を観ている観客の目線とリンクして、その場で繰り広げられる生の痛みや彼らが犯した罪の重みをより感じられました。

弱い女だけひたすら叩きのめすだけの裕也に、誘拐され、レイプされ、屈辱を受けた那奈がしっかり復讐して濡れ衣を着せるという、凄惨な復讐劇をしっかりと描いてくれてよかったです。

まとめ

「ディストラクション・ベイビーズ」は、「破壊的な赤ちゃんたち」という意味です(赤ちゃんはまだ知恵がついておらず、創造するより破壊することが主であることから)。

泰良が喧嘩をすることの意味や目的は特に語られないので、彼は自我のない赤ん坊のように純粋な衝動に委ねて行動しているようにも感じられます。強いて言うなら作中の台詞である「楽しいから」、そして、若さ故の刹那的で破滅的な衝動に身を任せているからですが、泰良は台詞も少なく、解釈を視聴者側に委ねる演出がされているので、人によって泰良の印象は全然違いますし、色んな見方ができます。

初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

タイトルとURLをコピーしました