ブラック校則/無料動画をフル視聴する方法は?【映画】

Sexy Zoneの佐藤勝利とKing & Princeの高橋海人が共演し話題となった映画「ブラック校則」。

二人の高校生が理不尽な校則(ブラック校則)を壊すために大人たちに立ち向かい青春を取り戻す!

こちらでは映画『ブラック校則』を無料で視聴する方法をお教えします!

映画『ブラック校則』(11.1公開)予告編


映画「ブラック校則」のフル動画は
U-NEXT』で配信中です!
現在(2020年8月時点)レンタル作品(有料:550円)ですが
初回登録で貰える600円分のポイントを
利用して無料でフル視聴
することができます!

初回登録は31日間無料
&600ポイントプレゼント!/

⇩ ⇩ ⇩

動画配信サービスの比較

映画『ブラック校則』が配信中の動画配信サービスは以下の通り↓

作品数料金(税抜き)ポイント付与無料期間配信中
140,0001990円毎月1200
(初月600)
31日
60,000933円×14日×
120,000500円×31日
2,900400円×31日  ×
40,000888円毎月130014日 ×
10,000933円~毎月110030日

〇:見放題 △:レンタル ×:未配信

※上記の情報は、2020年8月の情報となります。
最新情報は各サイトにてご確認ください。

おすすめNo.1!U-NEXT

洋画、邦画、国内外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、雑誌などの様々なジャンルが揃っているU-NEXTは、月額1990円(税抜)でさらに毎月1200円分のポイントがもらえて、最新作映画や漫画などの有料コンテンツで利用できるなどサービスが盛りだくさんとなっています!

【U-NEXTの特徴】

◎作品数は約14万本以上!!国内NO.1!
U-NEXTより

◎雑誌70誌以上の読み放題

◎新作映画・マンガ・書籍などの有料コンテンツあり!

◎毎月1200円分のポイントが付与!
有料コンテンツで利用可能!
※ポイントの有効期間は90⽇間

U-NEXTより

◎1つのアカウント作成で最⼤4機まで同時視聴が可能!
U-NEXTより

◎ダウンロード機能あり

◎マルチデバイス対応

◎初回31日間無料お試し体験あり
(600円分のポイントプレゼント)

新作などのレンタル作品(有料)は
初回に貰えるポイントを使うと
すぐ無料で視聴できます!!

ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い
安心・安全・高画質

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!
U-NEXT簡単な登録方法の手順
U-NEXT解約・退会方法や違い解約前の注意点は?

初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント/
 
⇩ ⇩ ⇩
 

あらすじ

創楽と中弥が通う高校には、理不尽に生徒を縛りつけるブラック校則がはびこっていた。ある朝、栗色の髪の女子生徒・希央に心を奪われた創楽。彼女が退学寸前に陥っていることを知った創楽と中弥は、ブラック校則と大人たちに立ち向かう決意をする。

引用:U-NEXT

キャスト&スタッフ

小野田創楽:佐藤勝利

さえない青春を生きていたが希央に恋したことに理不尽なブラック校則を壊すことを決意する。


月岡中弥:高橋海人

創楽と共にブラック校則と戦う。空気を読まず予測不能な行動をとる。


町田希央:モトーラ世理奈

創楽が恋する女子生徒。生まれつきの栗色の髪を校則で黒く染めるよう強要され不登校になる。


松本ミチロウ:田中樹

柔道部で不良グループのボスであり生徒会副会長。自分のポジションを守るため校則で生徒たちを締め付ける。


上坂樹羅凛:箭内夢菜

陸上部で真面目な生徒会長。規則がないと不安で生活できない。


三池ことね:堀田真由

先生に目をつけられるくらいなら学校では校則に従い、外ではっちゃけるのが賢い生き方と割り切る。


七浦啓太:葵揚

野球部でミチロウの手下。自転車投稿禁止のため40分かけて徒歩で登校。


漆戸丈士:水沢林太郎

バスケ部でミチロウの手下。


東詩音:達磨

吃音症があり、中弥が話しかけたことをきっかけに心を開く。ラップが好き。


田母神美南:成海璃子

国語教師。生徒達からは蔑まれている。


 

監督:菅原伸太郎

音楽:井筒昭雄

脚本:此元和津也

 

『ブラック校則』感想・評価

 

 

とても良い学園青春映画でした!校則の厳しさ、先生の強権ぶりは非現実的(どこかにはあんな学校もあるのか…?)でしたが、高校生たちの悩みと奮闘はとてもリアル。部活でうまくいかなかったり、女子同士の関係性でちょっとピリッとしたりといったシーンは自分の学生時代を思い出してしまいました。「青春のひりつく感じ」が描かれている作品が好きな方は楽しめると思います。役者さんはこの作品を観るまで知らなかった方がほとんどなのですが、みなさんとても魅力的でした。生徒会長役の箭内夢菜さん、すごく可愛い!堀田真由さんもああいう女子いたなぁ、巧いなぁと思いながら観ていました。今作が俳優デビューだったという達磨さんが演じる東詩音がずっと隠されていたある特技を披露するシーンの疾走感が特に好きです。田中樹くん演じるミチロウは映画だけを観ると悪役でしたが(樹くんのガラの悪い演技、さすがうまかったです。不良役板についてますね)、実は生徒会長に恋しているという設定も頭に入れつつ観ると、なんだか可愛くも思えてきます。そして佐藤勝利くん演じる創楽の不器用ながらも一生懸命な姿、良かったです。何も変わらないかもしれないと思っても、勇気を出したことは無駄になんてならない。まずは動くこと、その勇気を持つこと、大事ですね。

 

 

もともとは大阪の高校で起きた「髪染問題」がヒントになって作られた映画とのことです。「アルバイト禁止」はまあ分かります。「SNSの使用は禁止します」これも仕方がないのかなと思えます。ただ「ポニーテールは禁止とする」というのは意味が分かりません。「下着は白のみ着用可能」だとか「寒くてもタイツ禁止」だとかいうのは、もうエロ男性教師の横暴だとしか思えません。むしろセクハラで訴えてやればよいとさえ思いました。出演者を見て、最初は「またジャニーズ映画か」などと高をくくっていたのですが、セクシーゾーンの佐藤勝利くんも、キングアンドプリンスの高橋海人くんも、どちらも演技が意外と上手くて良かったです。でも男目線で映画を見てしまう私としては、やはりヒロインであるモトーラ世理奈さんを語らずにはいられません。生まれつき茶色い髪の毛なのですが、それを黒髪に染めないとダメだとする校則に反発して、不登校気味になっているという役どころです。決して美人とは思いませんが、不思議な存在感があって目が離せませんでした。彼女のために、それまで決して目立つ存在ではなかった佐藤くんが「校則をぶち壊す」ために立ち上がります。ストレートな青春のエネルギーに圧倒される映画です。

 

 

私はKing & Princeのファンで、主演の髙橋海人さんが推しでもあります。正直、そんな海ちゃん目的で見に行った「だけ」でしたが、海ちゃんの演技力があまりにも素晴らしく、途中から見に行った「だけ」という感覚もなくなり、気づけば海ちゃんフィルターがなくなり、演じていることを忘れさせてくれるぐらいに、とても感情移入のできる映画だったと思います。

というのも、「校則」というのは、誰しもが体感・体験したことのある学校ならではの「あるある」の一つであり、共感しやすい事柄であるからです。私の学生時代はもうかなり昔のことになるので、現代とは違う校則もあり、当時はそれが当たり前だと思っていたことも、この映画を観たことで、昔はとても異常だったのだなとつくづく思い知りました。しかし、それは「良くも悪くも」であり、昔当たり前だと思っていたことは、現代では「コンプライアンス」「体罰」「虐待」というひとくくりにされている部分もあるため、本当の指導がなかなかできていないのでは?と心配になることもあります。でも、そんな現代でも理不尽な校則やルールがあり、やはりどの時代・どの世代でも学校への不平・不満が解消されることはないってことも感じました。

 

 

この映画は、2019年に公開された日本映画です。人気漫画の「セトウツミ」で一斉を風靡した此元和津也さんが、脚本を手掛け、アイドルグループのSexy Zoneの佐藤勝利さん、King&Priceの高橋海人さんが主演を務めたことでも話題になりました。この映画は、簡単にいうと、理不尽に生徒を縛り付けているブラック拘束に対して生徒たちが立ち向かうという、高校生の青春ドラマです。この映画では、高校生のクラスメイトたちの団結力が見ていて痛快でした。また、主人公が朝礼の壇上に立って、全生徒に向けて「立ち上がれよ」と訴えるシーンは見ていて感動しました。この映画のストーリーは、良い意味で裏切りがある作品で、とてもクレバーな雰囲気を感じました。主演の佐藤勝利さんの演技も良かったですが、佐藤海人のトリックスターぷりが映画をとても面白くしていたと思います。また、佐藤勝利さんが、誰からも認められない平凡で目立たない生徒だったのですが、徐々にリーダーシップを発揮し始めるストーリーがとても良いです。なお、ラストシーンでは人物の素顔が語られていて、ちょっとドッキリしました。大人でも、自身の学園生活をおもだしながら見られる、面白い映画に仕上がっていると思います。

 

 

ジャニタレの出演か。。。と思い見始めたのですが、意外に面白くてよかったです。

前半からダラダラと進むストーリーというか演出。でも当たり前ですが、実際問題現実は映画やドラマのように進むわけではなく、普通の映画やドラマに比べれば、現実に近い作品であるかと思います。

一人ひとりの演者の描写もよかったと思います。細かく作られているかなと。ただ、最近の映画にある、テンポの速い作品を期待して行くと、がっかりするので、注意したほうがいいですね。ごく普通の学生の日常を見に行くというノリで見た方がいいです。映画を見る感覚で行くと絶対に裏切られてしまいます。

テーマは映画の題名の通り学校の校則だけど、今私たちが直面している社会の問題をふんだんに取り込んでいて(障害とか)、登場人物もそれぞれに細かい設定がされている。学生だけでなく、学生とその家族をも取り巻く環境、更には社会全体と。

ジャニタレのアイドルらしさを殺して、ただただダサい高校生という印象を与えているような感じで、逆に好印象でした。上手く自分に置き換えて考えることもでき、型にはめられて育ってきた私たちからしたら、とても共感できる部分が多々あったと思います。

 

 

 

劇場版「ブラック校則」はテレビ放送をみていると入りやすい内容でした。もちろん、劇場版だけを観ても十分に楽しめる分かりやすくて親切な作りになっていることも優しさを感じました。校則で禁じられている校内での携帯電話の使用。そのため、生徒は校舎裏の壁面にペンキで落書きを始めるという設定は一見、旧時代的ではあるものの“思ったことを発言できない”という抑圧された学校生活を象徴する現象として後々に効果的な演出だったと思います。中心人物の創楽と中弥の組み合わせも抜群で、理数系かと思いきや割り切れない部分のある創楽が人知れずギターをかき鳴らす様子は私も青春時代に感じた何とも言えない感情が蘇りました。また、飄々とした物腰で分け隔てなく人と接する中弥がいかにして生徒たちをなびかせるか考察し行動することが多かったものの、最後はイチゴのサンドイッチで全校生徒を味方につけるというエンディングにこちらもニンマリしてしまいました。テレビ版からの流れを汲み“自分の行動で未来を少しでも変えることができるのなら”というスタンスには驚かされ、感動する部分でした。交戦や対立をしたいわけではなく、ただ“思い描いた学園生活に近づくこと”が目的であり、すべての行動の指針になっている健全さにも気持ちが引き寄せられたことも事実です。

 

映画「ブラック校則」の無料動画をフル視聴する方法のまとめ

2020年8月現在、映画「ブラック校則」をお試し期間で無料視聴できる動画配信サービスは『U-NEXT』『TSUTAYA TV』です!

特におすすめなのは【作品数の多さ】【初回登録で600ポイント付与】がある『U-NEXT』です!

U-NEXTでは映画「ブラック校則」以外にもたくさんの作品が配信されており、無料お試し期間内でも十分にお楽しみいただけます!

U-NEXTより

是非この機会にご登録ください♪

初回登録は31日間無料 &600ポイントプレゼント!/

⇩ ⇩

こちらもあわせてどうぞ/

タイトルとURLをコピーしました